未分類

子宮筋腫、術後の3年目の定期検診にて

子宮筋腫の手術をうけて

はや3年。

12月は定期検診月です。

先月も行ってきました。

 

ここ2年何事もなく過ごしてきたので、

今回もまあそんな感じだよねと

気楽に受診したわけですが

今回はちょっと違ってしまいました。

 

病院に行く4.5日前から、

下腹部に違和感があり

トイレも近く(2時間弱に一回は行く感じ)

もしかして膀胱炎かな?と思ったりしつつ

受診しました。

 

始めの問診の段階で、

膀胱炎かも?みたいに看護師さんに話をしたので

診察前に尿検査を済ませませ

いざ、診察へ。

 

尿は綺麗だよ〜と言われ

ほっとしつつ、次は内診へ。

 

そこで、です。

「あれ?ちょっと卵巣が大きいかな。」

と、カーテンが開けられ

モニターを見せてもらったのですが

ま、素人の私にはモニターを

見たくらいでは全然わかりません。

 

先生が大きさを測って教えてくれました。

3センチちょっとの大きさになっていたようです。

普通の卵巣って一円玉くらいの大きさらしいので

ちょっと大きいですよね。

 

そこからです。

なんだか怒涛の展開に。

 

「ちょっとMRI撮っておこうか。

その前に、腫瘍マーカー検査を受けてもらわんといけんから、

血液取らしてね。」

と、先生の説明。

 

”ん?”

 

”MRI?”

 

”腫瘍マーカー?”

 

そんな大事になってるの?

と、自分の中では、はてないっぱいのまま

とりあえず採血してもらい

色々と説明を受け

腫瘍マーカーの検査結果が出てから

MRIの検査らしいので

その日は帰りました。

 

でも、腫瘍マーカー検査って・・・

ドラマとかで聞いたことあるな・・・

まさか自分が受けるとは・・・

猫飼い始めたばっかりなのにどうしよう・・・

などと、いろんな事を考えながら

過ごす事、数日。

 

次の診察日。

腫瘍マーカー検査は問題なく

卵巣がなんで大きくなってるのかを

確かめるためのMRI検査となりました。

その日は検査の日を予約して帰宅です。

 

MRIは、別の病院に行ったのですが

看護師さんも優しいし

スムーズに検査も終わりました。

 

1週間後、検査結果を聞きにまた病院へ。

 

今回の卵巣が大きくなっていた原因は

血液が固まっていたそうで。

なので、緊急性はなく

半年に一度診察しつつ、経過観察していきましょう

ということになりました。

だいぶホッとしましたよ。

 

今回の定期検診は思いがけない事となり

結果が落ち着くまで、ひとりざわざわしました。

ひと安心ではあったものの

なんだかこれからはもっと

自分の体の声をよく聞いてあげようって、

だって私にしか聞こえないんだし

体、大事だよね・・としみじみ思った数週間でした。

 

 

f:id:fukuyamalife:20150609183917j:plain

 

子宮筋腫による子宮全摘手術についての

詳しくは、過去記事で。

www.yamashitamaki918.com

www.yamashitamaki918.com

www.yamashitamaki918.com

www.yamashitamaki918.com